決定版!乳酸菌サプリはこう選ぶ!【アレルギー・便秘対策に】人気ランキング

MENU

アシドフィルズ菌について

 

 

アシドフィルズ菌って聞いたことのない名前。
アシドフィルズ菌について教えて下さい!

 

 

 

アシドフィルス菌は、もともと人間の体内に存在している乳酸菌の一種です。
熱や酸に強いので、生きたまま腸に届いて腸内環境を整えます。さらに、胃ではピロリ菌を殺菌する働きをしますので、胃潰瘍や胃炎を予防する効果もあります。

 

 

 

ピロリ菌対策にいいなんて驚きです!
アシドフィルズ菌にはどんな特徴がありますか?

 

 

 

アシドフィルス菌は、もともと人間の体内に存在している乳酸菌で、腸内のほか、口腔や生殖器にも存在しています。また、母乳の中でも特に初乳に多く含まれています。形は細長い棒状です。

 

1899年、フランスで健康な母乳栄養児の糞便からビフィズス菌が発見されました。翌年になって、別の菌があることがわかり、それがアシドフィルス菌と名付けられました。

 

アシドフィルス菌は、腸内で乳酸を作り、善玉菌が働きやすい酸性の環境を作ります
熱や酸に強いので、外部から摂取しても生きたまま腸に届く率が高いと言われています。さらに、酸素のある環境でも生きていくことができるので、ヨーグルトなどの乳製品にも使われています。
そのほか、他の乳酸菌にはみられない特徴として、胃炎や胃潰瘍の原因だと言われているヘリコバクター・ピロリ菌を殺菌する作用もあります。

 

 

 

名前を知らないだけで実は日常生活でも口にしているかもしれませんね。
他に効果はありますか?

 

 

 

アシドフィルス菌は、生きたまま腸に届き、腸内を酸性にします。その結果、腸内では、善玉菌が増えて悪玉菌が抑えられます。腸内環境が整うことで、一般的な乳酸菌と同じように、便秘や下痢の症状が改善されますし、腸内の腐敗物によって起こる口臭を予防するという効果も期待できます。

 

免疫力をアップ
アシドフィルス菌は、母乳の中でも特に初乳に多く含まれていて、免疫力をアップさせる効果があります。

 

胃潰瘍や胃炎を予防
胃潰瘍の原因とされるヘリコバクター・ピロリ菌を殺菌する作用が強いので、胃潰瘍や胃炎を予防するという効果もあります。

 

他にもいろいろ!
アトピー性皮膚炎を改善する効果、小腸や膣内でカンジタ菌やブドウ球菌を増やさないようにする効果、血中コレステロール値を低下させる効果なども期待されます。

 

 

 

主に健康面で効果が期待できるんですね。、
ピロリ菌対策が最近気になっていたので、これから注目してみます!

 

アシドフィルズ菌が含まれている乳酸菌サプリはこちら!

 

森下仁丹 ビフィーナ


乳酸菌の種類  ビフィズス菌末/アシドフィルズ菌末/ガセリ菌末
カロリー  3.4kcal(1包あたり)
形状  粉末

 

今月のイチオシ!

フジッコ 善玉菌のチカラ


乳酸菌の種類  クレモリス菌FC株
カロリー  0.71kcal(1粒あたり)
形状  カプセル


カスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌「クレモリス菌FC株」を一粒に20億個以上詰め込んだサプリメント。
カプセルに包まれて無味無臭なので牛乳やヨーグルトの味が駄目という人にもオススメ!