決定版!乳酸菌サプリはこう選ぶ!【アレルギー・便秘対策に】人気ランキング

MENU

K-1乳酸菌について

 

 

K-1乳酸菌って聞いたことがない菌です。
K-1乳酸菌について教えて下さい!

 

 

 

K-1乳酸菌は、お米から発見された植物性乳酸菌で、正式な名称はラクトバチルス・カゼイK-1です。
発見した亀田製菓の頭文字のKをとって、K-1乳酸菌と名づけられました。
他の乳酸菌同様、便秘改善が期待できると同時に、ガンを引き起こす変異原性物質を除去する作用に優れています。

 

 

 

おせんべいで有名なあの亀田製菓が見つけたんですね!
K-1乳酸菌にはどんな特徴がありますか?

 

 

 

K-1乳酸菌は、おせんべいで有名な亀田製菓がお米から発見した植物性乳酸菌です。発見までには、お米やお米の発酵食品から、300株以上の乳酸菌を分離したそうです。

 

K-1乳酸菌は、細長い棒状の形をしています。玄米のまわりにくっつく性質があり、玄米から溶け出す栄養で増えるという特徴があります。

 

植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌に比べて胃酸などに強いと言われており、K-1乳酸菌は、生きて腸まで届きやすいという特徴もあります。
毎日1回、K-1乳酸菌で作ったヨーグルトを1週間食べ続けるという試験をしたら、腸内の乳酸菌の数が増えるということが明らかになりました。

 

また、日本人は昔から、味噌、醤油、ぬけ漬けなど植物性の発酵食品を食べていましたので、K-1乳酸菌は日本人の食生活に合った乳酸菌といえます。

 

 

日本人の食生活に合った乳酸菌と聞くと優しい感じがしますね。
他に効果はありますか?

 

 

 

K-1乳酸菌の効果は、大きく2つあります。

 

1つは、腸内のビフィズス菌を増やし、便秘を改善する効果です。
便秘気味の人にK-1乳酸菌100mgを2週間摂ってもらったところ、摂る前に比べて、排便日数・回数・排便量ともに増えたという試験結果が出ています。
さらに、良い形の便が出ることが多くなるという効果も確認されました。

 

もう1つの効果は、食事に由来する変異原性物質を除去する作用です。変異原性物質とは、細胞の遺伝子を損傷させて、突然変異を引き起こす物質のことで、ガンの原因になったりします。
具体的には、肉の焦げがあげられます。焦げた肉を食べると、尿の中の壊れた細胞の数が増えますが、K-1乳酸菌ヨーグルトを一緒に食べると、通常の肉を食べた時と同じくらいになるという試験結果が報告されています。

 

さらに、この2つの効果は、乳酸菌が生きていても、加熱処理により死んでいても効果があることが確認されています。

 

 

お米にも乳酸菌が含まれているなんて初めて知りました。
もっともっと世間に広まって欲しいですね。

 

K-1乳酸菌が含まれている乳酸菌サプリはこちら!

 

株式会社ミーロード 生命の乳酸菌7選


乳酸菌の種類  キムチ乳酸菌/耐熱性ラブレ菌/ナノ乳酸菌/ラクリス菌/EC-12菌/K-1乳酸菌/耐熱性ビフィズス菌
カロリー  -
形状  コーティングカプセル

 

今月のイチオシ!

フジッコ 善玉菌のチカラ


乳酸菌の種類  クレモリス菌FC株
カロリー  0.71kcal(1粒あたり)
形状  カプセル


カスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌「クレモリス菌FC株」を一粒に20億個以上詰め込んだサプリメント。
カプセルに包まれて無味無臭なので牛乳やヨーグルトの味が駄目という人にもオススメ!